作曲能力の分析!車の選びには性格がかなり出る

作曲能力の分析!車の選びには性格がかなり出る

私が人より優れているところは、現在の仕事とは一切関係がないのですが、私は昔から歌を歌うことが非常に好きで学生のころは仲間同士でバンド活動などを頻繁にやっていました。

 

 

 

優れているというか能力ということだと思うのですが、私は作曲能力が優れています。具体的に言うと過去に私が学生時代バンドを組んでいろいろオリジナルの曲を演奏していたのですが、そのオリジナル曲は全て私が作曲をしたものでした。

 

 

しかも作曲といってもすべてのパート(ギター、ベース、ドラム、ピアノパート)まで100%私が作り上げたものでした。それをしばしば他人が聞いたりする機会があったのですがするとほぼ100%「これだれの曲?」と聞かれるのです。

 

 

 

そして私は当然オリジナルです。と答えるのですが、すると決まって「またまた〜」という返しが返ってくるのです。

 

 

 

全く素人が作ったものとは思われないのです。そしてそのオリジナルの曲の作曲方法が天才的なのです。それは必ず「朝起きた瞬間」に閃いているのです。

 

 

 

朝起きると意識が戻ると同時にその曲の全体像がほぼ9割以上出来上がっています。それも全てのパートができているのです。これは自分自身でも理屈はわかりません。

 

 

たぶん作曲をするプロのミュージシャンなどこういう感覚で曲を作る(できる)人は聞いた事はあるのですが、そういうタイプの人にこの話をするとたぶん「はいはいわかります。」と言うはずです。

 

 

でもこの感覚がない人にこの話をしてもたぶん「ちょっと作って話をしているな」と思われると思います。これはこの感覚がない人にはたぶん信じてもれえないことだと思います。

 

 

ですので曲そのものが脳内で完成するのはその朝のほんの5分程度なのです。あとはそれは実際に具現化するために録音したりする時間がかかるだけなのです。

 

 

 

誰が聞いてもきれいなメロデイーって綺麗ですよね。そういうほんとにプロが作るクオリテイーのものなのです。逆に言うと低いクオリテイーのものは閃いたりはしないのです。

 

 

寝ているときに自分の脳の製造工場でクオリテイー検査に合格したものだけが朝起きたときに送り出されてくるというイメージでしょうか。

 

 

 

けっこう昔からこの話は度々人に語りますが、やはりその感覚が無いとピンと来ない感じ「へ〜」と言われる程度なのです。自分ではけっこうすごい能力だと思っています。

 

 

車を選ぶ際に友達も同じやけど、廃車には逃げるかな